不動産投資で一棟買いを検討しているならココ

投資初心者にオススメです

模型とお金

サブリースとは、不動産オーナーが不動産会社とサブリース契約を締結することで、所有している賃貸物件を不動産会社を通じて一括借り上げしてもらい、転貸することをいいます。不動産投資の初心者にオススメの方法です。

アパート経営で安定収入

積み木とお金

定年後も続けられる事業

サラリーマンの副業や、定年退職後の収入源として注目されているのが、一棟への不動産投資です。不動産投資としては様々なスタイルがあるのですが、一棟として行うことでまとまった家賃収入が期待できます。主な目的は、家族全員が生活できる程度の収益の確保です。経営者として経験を積むことで、より効率が良い経営に改善できます。特に、定年退職後の毎月の収入として始める方が多くいます。そのため、まだ会社に勤務していて安定した収入がある時点で不動産投資を行えば、銀行から融資を受けやすいので有利です。一棟丸ごとの運営では、経営者の一存で修繕などの大規模な工事を実施できます。自分で適切な判断をするか、あるいは、不動産会社に委託することで、利回りを向上させられます。

入居率で収入が変わる

一棟への不動産投資では、大家としてどのように経営していくのかがポイントになります。ですので、魅力的な物件であるかどうかで入居率が大きく変動します。新築時には何もせずとも入居者が集まってきます。しかし、築年数が古くなってきた時点で適切なリフォームを行えるだけの積立を計画的に行っていく必要があります。大家向けのセミナーに参加して勉強することも有効ですし、建設から管理まで一貫して委託できる不動産会社に相談する方も大勢いるのが現状です。分からないことがあれば自分で調べてみるのもよいでしょう。もしくは、熟知しているプロにお金を払ってでもサポートしてもらうのが、できる大家への第一歩になります。将来的に新たに一棟を購入して、より規模が大きい不動産投資を行いたいのならば、入居率を上げるための工夫に力を入れましょう。

スムーズに契約を結べます

電卓

家賃債務保証サービスは借主にとっても、貸主にとっても魅力的なサービスとなっています。現代の賃貸契約において、多くの方が利用しているサービスとなっていて、賃貸契約時には欠かす事の出来ないサービスとなっています。

子供の為に投資を始めよう

男の人

不動産投資は、子育て世代こそ始めるべき投資です。なぜならば、子どもを育てる上で必要な資金を、場面に応じて柔軟な方法で得ることが出来る投資方法だからです。不動産投資を始めることは、子どものためにも賢い選択です。