不動産投資で一棟買いを検討しているならココ

投資初心者にオススメです

模型とお金

不動産サブリースの特徴は、所有している賃貸不動産を不動産会社に一括借り上げしてもらうをいいます。通常、不動産オーナーは入居者と賃貸契約を結び、毎月家賃を入金してもらう流れですが、不動産会社とサブリース契約する場合、家賃は一定額を入金してもらうことになります。入居者と賃貸契約する場合は、入居者から家賃を回収しますので、入居者の数に比例して家賃の回収額が変動します。サブリースの場合、入居者の数に関係なく、毎月一定額を回収することができます。サブリースのもう一つの特徴は、不動産会社と契約することから、物件の管理契約も結ぶこともできます。そのため、不動産オーナーは家賃入金と物件管理を委託することができるメリットが生まれます。

サブリースの人気についてですが、まず、空室対策を気にする必要がないことです。入居者と賃貸契約をする場合は、空き部屋の家賃を回収することはできませんので、空室対策に苦慮することがあります。しかし、サブリース契約の場合、家賃入金は一定額のため、空室対策や空室保証を気にする必要がありませんので、不動産投資の初心者にはオススメの方法です。最長30年の家賃保証を謳っている不動産会社もあります。メリットだけでなくデメリットも当然あります。入金される家賃が一定額のため、もし満室時の家賃に換算した場合に入金額が低くなることがあります。また、定期的な家賃の見直しがあり、老朽化とともに家賃も減額されることが一般的です。メリット・デメリットをよく考えた上で、サブリースをはじめることが望ましいです。